星壺の底にて

きれいだね

見る、聴く、心に刺さる/ドラマ「パパ、はじめました」1話

全人類、今すぐこのドラマを見て!!!

video.yahoo.co.jp

駅のホームで電車を待ちながら見て、いきなり泣きそうになった。オタクは情緒が脆い。推しが好きすぎてすぐ泣きそうとか言う。
ドラマ「パパ、はじめました」、ついに始まりました。

ドラマの感想を述べる前に。これは奇跡のような話なのですが、わたしは水江くんの歌がだいすきです。奇跡のような話なんです。
そんな水江くんの歌がこのドラマでは毎週聴けるようで、そんな贅沢なことある???!!という気持ちになっています。贅沢すぎる。贅沢すぎて現実を信じきれていない。ただでさえ毎週新規絵のドラマとかいう最高媒体で……こんなことがあっていいのかなあ…すごいなあ……ありがたいなあ…………

▽500万加点の世界観

純粋に、いいな、と思いました。よい世界観、バランス、物語。心にすっと入ってくるので見やすいです。ドラマって見やすさも大事ですね。
メインキャスト3人の人選が謎だなーと思っていたけれど、コメディーということを踏まえると納得の3人……と1話で感じた。振り切れるところと、繊細な感情の揺れとのバランスがすごくよくて。メインキャストが全員天才……と思いながら見ました。


そして、食べ物に敬意を払っている世界は問答無用で愛せるし、食べ物に思い出を重ねる物語は必ず心に響く。わたしは食を大事にしている世界がだいすきです。なのでこのドラマ、だいすきです。そういう心温まる幸せな世界観、ほんっっとうに大好物。それだけで500万加点。
あと個人的には雛ちゃんの描かれ方が気になっていたんですが、不快感ゼロでよかった!そこはとくに心配でした。よかった。かわいい。かわいい。
パパをはじめたというよりカフェをはじめたという色味がつよい1話でしたが、どこに向かっていくのでしょう…?和泉や麗音と雛ちゃんの絡みも早く見たいです。
2話以降は毎週ゲストが出るからまた変わるだろうな~~まだいろいろと分からないですね。水江くんが言うところの、いい意味で"ゆるふわ"な世界観、がとても気に入ったのでこれから毎週日曜日が楽しみです。

▽推しと共演してほしい概念ベストスリー

動物!食!女の子!

…です。このうちかわいい女の子と食べ物が若手俳優と交わるパパはじは最高です。最高。

▽遊佐麗音(演:水江建太さん)

何度でも言うけど遊佐麗音って名前が似合いすぎる。名前が最高。
そして声がいい。出てきた瞬間ヒェッ……となる。
1話の服装もすごくいい、天才。服装も最高。
なによりミュージシャン設定!作中で歌う!ほんとうに感謝しかないです。振込先はどこですか?
てかね、いちいち顔がいい!あと時々かわいい!とくに静止するとき。かわいい!
あと笑顔が最高……よい………
水江くんのあの独特のセンスがすごくツボでたまらないのですが、それがいい感じに反映されてるのもよかった。無言でなにかを伝えようとする沈黙芸(伝われ)を含めて。

麗音にとっての最大の背景は"売れない頃におじさんにご飯を作ってもらっていた思い出"なわけですが、それを踏まえた上でのやわらかい表情やさりげない言動がとてもよかった。彼にとってもこの場所が大切なんだなって。やっぱりいい世界観だなあ。

▽劇中歌・主題歌

けっこう冒頭部分から歌い始めてびっくりした。めっっっっっっっちゃくちゃすき、だいすき。メロディと声がすき。
耳馴染みがよくて歌がひたすら最高なだけに、目に見えるものを歌にしがちな麗音であるがために歌詞がなんかアレなのがシュールで"コメディー"にいい味出してるなあと思います。
ほんとうにほんとうに水江くんの歌がだいすきで、心の底からだいすきで、どうしてか分からないけれど心に突き刺さるのです。それが毎週聴けると思うと、あまりの贅沢さに困惑する。ほんとうにいいの……?こんなことがあって……
まさかとは思ったけれどほんとうに主題歌担当してて現実がすごい……情報解禁してから初回放送まで期間が短かったこともあって理解が追いついていないです…

わたしにとってはとんでもない刺さり方をした水江くんの歌、ほんとうによいので聴いてください。好きすぎて情緒おかしくなることもあるけれど、基本的には(?)すごく耳馴染みがよくて落ち着きます。心が浄化される。あたたまる。しあわせになれます。


本人がなんと言おうと、水江建太は天才だとわたしは思っています。この言葉選びで合っているか分からないし、軽率に言えることでもないけれど。ちゃんと考えた上で、そう思っている。きらめきの源がぎゅっと詰まっている。
こういうことをもっと分解して考えて、発信できたらいいなと思っています。

とりあえず。パパはじを見てください。
ゆるふわコメディーのあたたかい世界観と天才ばかりのキャスト陣、とにかくよい、ひたすらによい劇中歌。見てください!!!
エゴ満載で言うと、パパはじを見て、水江建太の歌を聴いて!!!!!という気持ちです。


いつのまにかこんなにもだいすきになってたなあ…びっくり。