星壺の底にて

きれいだね

光あふれる魔界から/ドラマ「パパ、はじめました」8話感想

video.yahoo.co.jp
パパはじ8話「魔界から来たお客さま」感想です。

みんな!パパはじはいいぞ!
最近は毎週日曜日が楽しみで仕方がないです。初回を見た時はこんなに好きになるとは思わなかった…
どこがおもしろいのか聞かれると答えられないのですが、なんだかずっと笑っていられます。
そんな8話、今までにない感じの"イイ話"でやや困惑。

前回に引き続き出オチ…ではなく出ワンコ。かわいい。ワンコかわいい!
わんこに苗字で名づける和泉、センスあるよ…!


かわいい~~~~!超かわいい!なんでイヌなのか全く分からないけれどそれがパパはじクオリティ!かわいい!
疲れたおたくの生活に癒しを注いでくれるドラマ「パパ、はじめました」いまだにYahoo!で全話見れるので全人類見てください。

家族

このドラマはおそらく、光太郎と雛、そして和泉と麗音がともに暮らしていくうちに家族の形をつくっていくという話なんだと思います。全11話のうち、すでに8話なのでそれがいよいよ見えてくる頃合い。そこでいつのまにかできていた家族の形が浮かび上がるのが麗音の視点によるのは分かりやすいなあと思いました。四人の中で一番、内側にいながらも客観的になれる人ですもんね。あと一番ふしぎちゃんで感情が見えにくいから、そんな麗音がここでの生活に情を見せるのがいっそう意味を深くしている気がします。
麗音が「守りたい家族ができた」と言ったことに対して、そんな風に思ってたんだ…?!と一瞬びっくりしました。でも、すぐに腑に落ちた。"言わない"人がふとした瞬間に"言う"ことのホンモノ感ってあるよね。
そこで麗音が当て書きだということを思い出して、ほんのりしんどくなりました。当て書きって本人から滲み出るものが自然と脚本に出てくるものだと思うので。非常に思うところがあるので二度言いますが、"言わない"人がふとした瞬間に"言う"ことのホンモノ感ってあるよね。

ノスタルジックピエロ

通称ノスピエ。
キメラ役の横田龍儀くんと言えば、舞台「青の祓魔師」の円盤で初めて見まして、その時の自分のメモに「光……光光光……」と殴り書きが残してあった程度にはものすごい光!!だと思っています。若手俳優イチの光属性…
そんな龍儀くんが「魔界から来たお客さま」なんて、これだからパパはじはおもしろい!役と役者の化学反応を楽しみたい人には全力でおすすめしたいドラマです。しかもまさかのハマり役。パパはじのキャスティングとビジュアルづくりには毎回驚かされます。どれもこれもしっくりくるんですよね…そういえば青エクでの役名がルシフェルだったなあ…今度は"ルシフェル"の相方にあたる役なのもおもしろい。
さて、わたしは音楽文化にはたいそう疎いのですが、方向性の違いによる解散!実は付き合っていたマネージャーとの間に子供ができた!などと仕込みがあからさまで笑いました。
あとV系バンドはあくまで"演っている"んだなっていう部分が興味深かったです。本人が「お前らまとめて調教してやろうか」っていう性格してるわけではないんですよね。麗音にすがったり雛ちゃんと目線を合わせて話したり「人並みのパパになりたい」と語ったり、そういう部分がキメラ様の素の部分なわけで。ノスピエは彼らの"表現物"なんだなあと思いました。キメラ様のこと、最初は魔界の方だと思っていましたが、人間だったんですね。

ところでノスピエのファンがここにいるので、一夜限りの再結成しませんか???

今週の麗音くん

麗音回でした。水江くんのファンとしてはとてもとても濃密な15分。

ノスピエのルシフェル

顔がお綺麗でございますね…………という気持ち。ルシフェル様の顔ファンです。以上です。

音楽は自由だろ

超よかった。(お芝居の話)

それはそれとして、麗音のセリフが非常に刺さった。痛い。
「音楽は自由だろ」「ファンのために音楽をやってるわけじゃない」
うわ~~~!ってなりましたね。正直、そのセリフ言わせる?!みたいな。これが物語だとは分かっているのですが、だってありがちな事象じゃないですか。
ずっと思うままに音楽やってほしいなって思うし、そうして生き生きしてる彼が好きだし、きっとわたしは聴き続けるよって思います。ドラマと違うのは分かっているけれど、どうしても思っちゃいました。

コメディミュージカル

突然はじまるミュージカル。毎回突然歌いだすけれど今回に関してはもはやミュージカル。
どストレートに「早く帰れ」というオチがあったとはいえ、「俺はやりたい音楽があって、それをしないと後悔するから」のくだり、ものっっっすごいよかったです。感情を歌に乗せるのがまさにミュージカル!って感じでした。水江くん、早くミュージカルに出てほしいな……
「早く帰れ」の切実そうな感じもある意味ミュージカル、これぞコメディミュージカルだったように思います。キメラ様と意思疎通できていたのもおもしろかったです。ノスピエ時代はキメラ様とミュージカルしてたのかな…

好きなお芝居

わたしは水江くんの「相手の心に響かせる演技」が好きなんだなあと再確認しました。
キメラ様に「できるよ!」と言うところ、よかったです。お前にはビジュアルバンドの才能があるのだからまたメンバーを集めてやればいい、と。そんな風に励まされたらかすかでも光が見えてくるよね。すごく元気が出るというわけではないのだけど、内側から潜在的な力がじわじわ沸いてくる感じ。エーステ秋冬公演を初めて観たときの幕間に「"お前はどこの七尾太一なんだよ"がよかった~~~!!」とずーっと言っていたのを思い出しました。秋冬公演の水江万里くんでいちばん印象に残ったのがここだったんですよね。
水江くんのことをかなり"陽の人"、光属性だと認識しているのですが。水江くんに鼓舞されるとなんでも大丈夫な気がしてくる。心強い。そういう意味でもやっぱり光属性なのかもしれない。あれ、詐欺師の役やってほしくなってきた……すっっごいおもしろそう。水江くんに言い聞かせられたら心の底から信じてしまうし、騙しに気付かず前を向いてしまうだろうし、その分与えられる絶望の量がすごいことになりそう。えっ見たい!見た過ぎる!関係者各位お願いします!

話が逸れた…それにしても、光属性の俳優二人による魔界系ビジュアルバンド「ノスタルジックピエロ」って改めてすごいですね。
水江くんと龍儀くん、同じように光属性でありながら何かと正反対な性質だなと思います。だからノスピエはおもしろいコンビだったのかも。またどこかでバチバチ冷戦してほしいな……


わたしにとってはあまりにも濃密だった8話、いつも以上にリピート再生しています。
ノスピエ一夜限りの再結成とかしませんか??!?!?
賛同お待ちしております。
odaibako.net
marshmallow-qa.com