星壺の底にて

きれいだね

いつかあの子にまた会いたいな/ドラマ「パパ、はじめました」12話感想

video.yahoo.co.jp
パパはじ最終話「初めてパパになった日」感想です。

さいごのかたち

借金も完済して安泰となったカフェで光太郎に雛ちゃん、和泉と麗音が食卓を囲んで談笑している光景はシンプルによかったね~~~!!!となります。ほのぼのハッピードラマだ。
そしてなにより、雛ちゃんの「パパを取らないでね!じゃあ行ってきまーす!」が優勝!!
雛ちゃんが優勝!!!!(反芻)
このドラマでいっっっちばん最高な場面ショットに違いないです。サブタイトル「初めてパパになった日」の象徴でもありますし。

雛ちゃんも、みんなも、すごくよかった。あたたかいドラマでした。

借金返済ミラク

400万円返済のミラクルがまあまあ現実的な感じで起こるなど思いませんでした。ふざけた感じで超展開的に400万用意できた!完済!となるものだと思っていたので(イメージがひどいよ)
光太郎が何もできずにいる中で、言ってしまえば借金とは無関係であるはずの和泉と麗音が200万円ずつ出すというオチはかなりスッキリしていると思います。
二人は光太郎、そして雛ちゃんのために200万円を出した。200万円を出せる、それほどの人間だったという話です。それはもう全12話を通して誰もが納得している。パパはじをこれまで見てきて、少なくともわたしはまりおくん演じる光太郎に自分が得た200万円を差し出すよなあと思います。

現実との連動劇

麗音が200万円を用意するって、天地がひっくり返っても信じられなかったですよね…??!(推しを信じろ)
でもけっきょく用意したわけで、メジャーデビューが決まった契約金ということにわたしはそれに納得したのですが。
デビューのきっかけが、

「ネットで『初恋、はつこちゃん』が話題になってね」

…って。
ネットで話題になって、って……

ネットで話題に…!!!!
ネットで話題に…なりましたね、実際に………みんな大好きじゃん?!
パパはじはTwitterぐるみのコンテンツだった…?!伏線回収した……!!?となりました。すごい。

説得力がすごい、そりゃメジャーデビューできますよ。

これ、Twitterにフル尺動画あげて話題にすること前提で最終話が描かれたの……?だとしたらあまりにもすごい。
なんにせよ、はつこちゃんはわたしたちに届く前から現場で盛り上がっていたんですよね。


みんなが口ずさみ歌う、愛される曲なんだなあと思います。わたしもだいすき。
歌い継がれてこそ名曲だと思います。すごい、ほんとうにすごい。改めて水江建太は天才だなと思いました。

あと単純にこういうTwitterと本編が連動するのが好きです。一気にテンション上がった…

今週の麗音くん

存在してくれるだけで好きだな…と思う最終話。

最後の劇中歌

今?!というタイミングで歌い出し、まーた変な曲作ってるよという空気が流れ、最終回もそっか~~と思ったら曲はほんとうにすごくすごくよくて好きで、「世界で一番深いのは我が子を愛する親の気持ち」という歌詞の部分でなんだかしっとりした。最終回にふさわしかったと思います。
建太くんの声、あたたかい旋律と歌詞がよく合うんですよね……全人類が聴き惚れる。

その表情が好きなんだ

メジャーデビューが決まった、と告げるときの表情がほんとうによかった。
うれしそうだし屈託なくて純…という感じ。
やわらかくてあたたかい高純度の""陽""。そういうところが好きだ〜〜!となります。好き!!

さいごに

ドラマ「パパ、はじめました」が9月から始まって約2ヶ月半の間、毎週日曜日の配信が楽しみでなりませんでした。
何でも深読みしてしまう考察厨のわたしですが、いい意味で深く考えずに楽しめるドラマでした。
逆に言えば、あまり深く考えちゃだめ!!といった感じではあるのですが、それがよかったのです。
だからこそだんだん感想記事が薄くなっていったのですが、それは言い訳です。


パパはじは人のあたたかさを疑うということを知らない、そんな作品でしたね。心休まる時間をわたしに与えてくれました。


みんなすごくいい顔してる。
いい現場だったんだなあ。よかった。なによりです。
お疲れさまでした。

もう配信がないのが寂しいです。
またいつか会える日まで!

いつかあの子にまた会いたいな♪
odaibako.net
marshmallow-qa.com