星壺の底にて

きれいだね

動き出したメロディ/ドラマ「M~愛すべき人がいて~」4話感想

楽しみにしていたドラマがいくつか延期になっていましたが、どれも初回放送日が決まりました。
4話以降放送延期になっていた「M 愛すべき人がいて」も再開。
誰かを演じる推しの姿を目にできることに、純粋なよろこびを感じています。

www.tv-asahi.co.jp
abema.tv

今回の尚樹さん。
いつものバーが最近よくあるアングルで映って、今日は何を歌うのだろう……と思ったら喋り始めた!(!)ちょっとびっくり。
今回は、どうしてだろう、どきどきしました。

アユのプロモーションに10億かけるマサさんに、業界ではこう言われてるみたいですよ、と"事実"だけを伝えて、他の大人たちのように呆れることなく淡々と、でも冷たくはない温度でゆっくりと問いかける。
そういうところが"バーのマスター"だなってまた思いました。
もう何度も言っているけれど、ドラマにおける"バーのマスター"って主人公を決して拒まない絶対的な味方という役割があると思うんです。他の人がいるときのようなハラハラ感がないからバーのシーンだけは落ち着いて見ることができる。作品の中で心を休めることができる時間。
それから感情の整理を手助けしてくれる存在でもある。……というのは今回見ていて思いました。そういえばそうだなあって。
マスターらしいお仕事はたしかにしていないけれど、マスターの役割は果たしている。今週もしっかりそう感じました。

あと言葉の紡ぎ方と表情のつくり方、うごきが好きです。
「女に惚れてカンが狂った、って」のところ、一音一音がしっかり紡がれていることにちゃんと意味を感じる。
それから、業界の噂に笑ってしまおうとするマサさんに対して、どうなんですかって真剣に問おうとする尚樹さん。
マサさんに鋭い物言いができるひとなんですね。でもおだやかさは失っていなくて。そして若さが絶妙にいい味を出している。そういうバランスが人間味を形成している。らしさをつくっている、そんなふうに思います。若くしてマサ専務にああやって接することができるバーのマスターってすごいなあってしみじみしちゃいます。
「恋煩い」の言い方と、そのあとの「女に惚れて~」のくだりになぜかどきどきして、そのことにおどろきました。いつもいつも知らない気持ちにさせられる。これはいったいなんだろう?推しに対する感受性が振り切れている自覚はある。でも不思議な力があるなあってずっと思っています。

それと、細部まで丁寧に演じる人だな〜っていう印象が沸いてきました。すきがなくて、どこまでも尚樹さんで。
なんだろうな~~~すごい!なんかほんとうにすごい。あの一瞬一瞬に惹き込まれてしまう。推しだから贔屓目もあるかもしれないですが、それにしたってすごい。むしろ推しだからこそよく知っているそのひとがどこにもいなくて尚樹さんでしかないことに、すごいなあって感じます。

毎話恒例のヒットソングカバー弾き語り、今回はLA・LA・LA LOVE SONGでした。うれしい。タイミングに脈絡がなさすぎてびっくりしたけれど。笑
今回、歌も演技もだいすきだーって思いました。触れることができるよろこびを今噛み締めています。

ただやっぱり、このドラマはしんどいです。ネットでの笑いを取ろうとしているのが分かりやすくて、どなたかがツイートしていたけれど「あざとい」。でもまあ、そこは好き嫌いの話。わたしはただただやさしい世界がすきだから、物語にもそういう価値観を求めがちなだけ。だからこそゆるせないラインはあって、許容範囲を超えつつあるのを感じています。

しんどいなら無理して見なくてもいいとは思いますが、無理するもなにも、推しが出てるから見ているのではなく、推しが見たいと思わせてくれるから見ているのです。

以前の配信で虹がどうやらツボにはまったらしい様子を見ていたので、今回夜空に虹がかかったときはもしかして同じところで笑っているかなあなんて考えちゃって、それが楽しかった。
推しがいるからこその楽しみ方ってある。今後も建太くんのファンとしてこのドラマを見ていこうと思います。
尚樹さんの人物像もだんだん分かってきました。まだうまく言葉にはできないですが。
どんな役作りをしたのか最後に答え合わせをしようと言っていたのがなんだか意外に感じて、ずっと気になっています。
全部終わったらわたしもしっかり言葉にできるといいな。

ドラマ放送延期という今までにない事態を経て、お芝居に触れることができる幸せを感じています。
当たり前だったかもしれないけれど当たり前じゃなくなったこと。あるいは最初から当たり前ではなかったこと。なんにせよ、かけがえのないことだとわたしは思います。見せてくれる一瞬一瞬をしっかりと受け止める。今後も大切にしていきたいです。改めてそう思った放送再開でした。

odaibako.net